2017年02月24日

キャッシーさん呼んでいるのは私だけ

こんにちは寺山です。
先日、靴下の中がとげとげするので
爪でも割れて欠けたのかな??と確認してみ
たところ……

剥がれていました…………

というと痛そうですが、実は100キロ大会の
ときに、死んだ爪が新しい爪に押されて剥が
れ落ちていただけなので、痛みはまったくな
かったです。
100キロ大会って何か月前の話?と思いますが、
まだラスボスとして、紫に変色した親指の爪が
2枚ともそのままくっついているんですよね……
(すぐに剥がれた小指の爪は薄い皮のような
新しい爪がふよふよ生えています)
さすがに親指が剥がれるときは、心の準備のた
めに「そろそろ剥がれるよ〜」と教えてくれな
いかなと思います。


今日はキャサリンさん(まやさん)のお話し
をしますね。
初めて、キャサリンと呼ばれているのを聞い
たときはびっくりしましたが、今はキャサリ
ンさんはキャサリンさんだなぁと思っています。

DSC_0636-s.jpg
そしてあいかわらず唐突な写真撮影会


DSC_0637-s.jpg
何も言わなくてもおもしろさを求めてくれます


ブログを読んでくれたなおさんから
「寺ちゃん、まやちゃんのことキャッシーさんて呼んでるの?」
と、質問を受けたので。

「キャサリン」と聞いて、略すなら
「キャッシー」だろうなと思っていました。
しかし、味ここは違ったのです。

「キャサ!」
「キャサ!」
「キャサ!」

え、キャッシーじゃないの……?と入社当時
疑問に思ったのですが、そこでは何も聞けず。
(まだちょっと遠慮があったんでしょう)
しばらく経ってから本人に直接聞いてみました。

「なんでキャッシーじゃないんですか?」
「ほんと!キャサだとすっごい日本人ぽくない!?」

「キャサ」でも日本人ぽさはまったくないな
と思いました(そもそも日本人です)。

キャッシーさんいわく、自然とキャサ呼びに
なっていたということで……。
「キャサ」と「キャッシー」だと音節でとら
えると同じ数になるけど、モーラで考えると
「キャサ」のが短いな……(言語学系専攻の
思考なので気にしないでください)、
と「キャサ」呼びになった理由を推測しつつ。
(ものすごくざっくり説明すると、
キャサ→「タタ」
キャッシー→「タンタン」
という音の長さに違いがあるということですざっくり)

「キャサさんて呼びにくいでしょ?キャッシーさんでいいよ!!」

という素敵な笑顔とともに、キャッシー呼び
の許可が出ましたので使っております。
(歯茎摩擦音のサ行が連続すると言いにくい
んだよな……とここでも言語学系の思考を
発揮しつつ)
ただ「キャサさん」のが定着しているので、
「キャッシーさん」と呼ぶと周りがちょっと
びっくりするみたいです。
その流れでブログだけでもと使っております。
私だけ?


IMG_20170224_143816-s.jpg
「寺ちゃんとキャサ今日間違える〜」と
千花さんに笑われた臙脂のパーカー


img1487916080809-s.jpg
「怖いよ……」と朋ちゃんに苦笑いされた図






posted by コール at 15:28| Comment(0) | 私たちの仲間
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。